増毛剤とAGA治療とは

髪が薄くなってきたら増毛剤が気になると思います。
だけど育毛剤というものもありますし、増毛剤と育毛剤どちらを使えばよいか迷うのではないでしょうか。
育毛剤というのはその名前の通り育毛を目的としたものとなっているので、髪を育てることが主な目的となっています。
そして増毛剤というのは髪を増やすことが目的です。

ただひと括りに増毛剤といっても、効果は増毛剤の種類によって異なるのできをつけましょう。
増毛スプレーと同じような作用になっています。

この増毛剤のメリットといえば短期間で薄毛をカバーできる所です。
見た目の仕上がりも自然になっていて、じっくりみないと周りに気づかれるようなことありません。
特に広範囲で脱毛が気になる場合にはこうした増毛剤が向いているかもしれません。

だけど増毛剤はサロンで増毛を行ったほうが確実に増毛を行えるのが事実です。
増毛サロンでカウンセリングを行ってみるのもよいかもしれませんね。

最近では薄毛対策にノンシリコンシャンプーも人気になっているようです。

人工増毛の費用とメンテナンス

増毛をしたときの一番の問題点は実は定期的なメンテナンスです。
この定期的なケアな面倒だと感じる人には、あまり向いていないかも知れませんね。

増毛で多く行われる人口毛髪なのですが、どうして定期的なメンテナンスが必要になるかというと人口毛髪は重みで自毛が抜けてしまう可能性があるからでです。髪が薄くなって弱ってきている髪であると、その人口毛髪は重みとなりぬけてしまうということが多くあります。
また髪の毛は普通の状態でもいつかは抜けてしまうものです。
その髪についている人口毛髪も一緒に抜けてしまうので、定期的なメンテナンスがどうしても必要になるのです。
ですので、継続的に行わなければならないメンテナンスもけして安くはありません。
増毛をする前にはそのことを十分理解しておきましょう。

あと人工毛髪なんですが、頭を洗うときには専用のシャンプーが必要となります。
どうして専用の物を使わないといけないかというと、市販のシャンプーを使うと髪を痛めてしまうからです。
その専用シャンプーもやはり市販のものより高くなっています。

そして定期的なメンテナンスをしていないと、自毛が伸びてきて人工毛髪を結んでいる部分が徐々に毛先に移ってしまいます。
こうなるとブラシをしたときに引っかかりますし、見た目も違和感が出てきます。

このように人口毛髪を使った増毛は意外とお金がかかります。増毛したとばれない為にも定期的なメンテナンスが必要になるので、その手間と費用がかかっても大丈夫であれば増毛することをお勧めします。
女性の育毛に力を入れていた人ですが、とうとう増毛したようです。
メンテナンスは少し面倒だと感じるけど、若々しくなったといって喜んでいました。

AGA治療に着いて

AGA治療で使用されるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるなんて薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康で丈夫な毛が生えてきます。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

頭皮にお悩みを抱えている方はAGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

とはいえ、プロペシアの副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬がオススメです。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品と言えます。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬と内服薬の2種類ありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

AGAとはどういったものか詳しくご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことを指します薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤や養毛剤が作られてきました。

近年、ようやく医療機関で治療を受けられることが知られるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいのがデメリットではありますが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してもらえますから市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。

AGAというものは遺伝で発症するため個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療は対症療法なので根本的に完治するものではないのです。

ですから、AGA治療を一旦止めてしまうと再びAGAが発症し進行してしまうのです。

しかし、AGA治療にも副作用の恐れがありますからずっと使い続けるのも心配がありますし治療費もかさみます。

ですので、ある程度の所まで薄毛が改善が確認できたらAGA治療を途中でやめると言うのも1つの選択肢としてありだと思います。

AGA治療薬として知られているプロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたので従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ医薬成分を使って別の医薬品メーカーが作る薬のことです。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるのでプロペシアを使う前にどういった副作用が起きる可能性があるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で影響が大きいものと言えば肝機能障害ですが障害は血液検査で調べることができますので使用前後の変化をチェックしておきましょう。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの数値に誤差が生じる可能性もあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGAの治療は市販されている養毛剤や育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の先生に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品になりますのでドラッグストアで販売されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使うよりはコスパが良いでしょう。

そして、薬だけに頼ることなく日常生活でも頭皮ケアをするとさらに効果が上がるのでおすすめです。

ストレスを溜めないようにしたり食生活では脂っこいものや刺激物を控えるのが良いでしょう。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので全額、自腹で受診することになります。

内服薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で3 000円程度の診察料がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから1か月(30錠)で7 500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので医師の診断を受けなくても買う事ができます。

大正製薬のリアップX5はミノキシジルを5%も配合しているので効果が期待できますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGA治療に励んでいる皆さんは日頃の食生活にも目を向けねばいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では偏った栄養バランスや塩分過多は血行不良の原因にもなります。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれ、タンパク質はタマゴや乳製品、亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉などに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中には疑わしいサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が副作用として現れる場合があるので、実際に遭遇した体験談などが記載されていると心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのかもしれませんね。

AGA治療に効果があるとされる薬品にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルと呼ばれる塗り薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがあり毛髪サイクルの乱れを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり毛乳頭や毛母細胞を活性化させるので発毛を促進する効果があります。

しかし、両方の薬とも発毛剤として開発された薬品というわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

2つの薬とも薄毛を改善し、発毛を促進効果があることが発見されたため現在ではAGA治療薬としても処方されるようになりました。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性の発症例はありません。

脱毛する原因は男性ホルモンにあり治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため全体的に細く短い頭髪が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAは男性ホルモンにより発症するのですが生活習慣や食生活にも大きく影響されるということをご存知でしたか?人間の身体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれますから健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪の毛に必要とされる栄養も血流によって届けられますのでAGA治療をしている人は血流の改善に努めなければいけません。

ストレスや運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵となるほか喫煙によるニコチンの摂取も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮がうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージなどが有効です。

AGAのCMに起用された最初の芸能人といえばお笑いコンビの爆笑問題でしたね。

彼らがCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌はハゲの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGA治療をしている方も増えましたよね。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、リアルすぎて悲壮感が強いのかもしれませんね。

AGA治療を安くしたいのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

数多くのメーカーからミノキシジル配合の製品が販売されていて薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので保険適用薬で同様の薬効があれば代用することも可能です。

ストレスを溜めない事やバランスの良い食生活を送ることもAGA治療には有効です。

関連ページ